DIY初心者 ネジの種類はどれを選べばいいの?おすすめネジ紹介!

 

「DIYするぞ!」と決心したはいいものの、はたと困るのが「ネジ」です。

 

ホームセンターにも多種多様なネジがずらり。

 

DIY初心者はこの時点で「いったいどんなネジを選べばいいの?」とつまずいてしまいます。

 

そこで、特にDIY初挑戦の方におすすめの使いやすいネジを紹介します!

 

DIYで使うネジの種類

DIYではネジが肝心です。
「木材とネジがあればDIYができる」と言っても過言ではありません。

 

しかし、見た目に微妙に違いはあるものの、DIY初心者にとってはどれが最適なネジなのかはわかりません。

 

しかも、ホームセンターにはネジならぬ「ビス」なる製品がずらりと並んでいます。

 

私のようなDIY初心者にとっては「ネジとビスってどう違うの?」とこの時点で既に大混乱。
DIY向きのネジを正確に選べるよう、ネジの種類について1つ1つ見ていきましょう。

 

ネジとビスの違いは?

まずネジとビスの違いですが、ネジは「ジャンルの総称」、ビスは「ネジの種類の1つ」です。

 

先端が丸まっているボルトというものもありますが、ボルトもネジの一種です。

 

ビスは下穴や受けがなくても直接木材に打ち込むことができるタイプのネジのこと。
DIYでは主にビスにお世話になることが多いでしょう。

 

木ネジにはどんな種類がある?

DIYで主に使うネジの種類は「木ネジ」というものです。

 

ネジにも鉄工用がありますが、DIYはほぼ木工なので、木ネジについて把握しておけば十分です。
規格や長さは様々ですが、木ネジとして人気なのは「コーススレッド」と「スリムビス」です。

 

コーススレッドとスリムビスの違いは?

コーススレッドとスリムビスは木ネジの中でも人気でよく使われています。

 

ホームセンターに行っても、コーススレッドが広いスペースを占めてずらりと陳列されています。
スリムビスは大体その横あたりに陳列されています。

 

両者の違いは細さです。
スリムビスの方がコーススレッドより若干細く、少し割高です。

 

さらに全ネジと半ネジに分かれる

ネジの種類でもう一つ覚えておきたいのが「全ネジ」と「半ネジ」です。

 

全ネジは溝が先端から頭までぎっしり並んでいるタイプ。
半ネジは先端から途中までしか溝がありません。

 

コーススレッドもスリムビスも全ネジタイプ、半ネジタイプの2種類があります。

 

私が初めてDIYのためにネジを買いに行ったときは、何を選べばいいのかまったくわかりませんでした。

 

とりあえず「溝がいっぱいあるから強度が高そう」と見た目優先でコーススレッドの全ネジタイプを大量に買い込み、「これでDIYが始められる!」と意気揚々になっていました。

 

が!実はこれが大失敗だったのです。
次の章では「コーススレッド」の「全ネジタイプ」が大失敗だった理由を見ていきます。

 

DIY初心者には半ネジがおすすめ!

DIYに慣れていないと、「溝が多い」=「強度が高い」=「DIYに向いている」と全ネジタイプを購入しがちです。

 

しかし実は、DIY初心者には全ネジタイプではなく半ネジタイプが断然おすすめなのです!

 

なぜ半ネジがおすすめなのか?

なぜ半ネジがおすすめなのでしょうか?

 

理由は全ネジと半ネジの構造上の違いにあります。

 

全ネジは一定方向に力がかかる

全ネジは先端から頭まで溝があります。

 

木材に打ち込むときは先端から頭まで一定の方向に力がかかります。
一見強度が高いように見えますが、実は逆なのです。

 

ネジの先端と頭では若干太さが違いますよね?
これにより、木材を重ねて打ち込むとき、上の木材と下の木材にかかる力加減が変わります。

 

ネジを最後まで打ち込んでも、間にすきまができてしまうことがあるのです。

 

半ネジは木材同士を引き寄せる

対して、半ネジは先端から途中までしか溝がありません。

 

木材を重ねて打ち込むと、上の木材には溝がかからないのでネジが空回りします。
ところが、下の木材には溝がかかり、引き寄せる力が加わります。

 

これにより、木材同士が引き寄せられ、ぴったりとくっつけることができます。

 

木材の連結には半ネジの方が向いているのです。

 

 

コーススレッドよりスリムビスを選ぼう

全ネジより半ネジの方がおすすめなのは理解できたでしょうか。

 

続けて、木ネジの代表格であるコーススレッドとスリムビスはどちらがDIYにおすすめか?

 

ということですが、より初心者向けなのはスリムビスの方です。

 

コーススレッドは木割れしやすい

なぜコーススレッドよりスリムビスなのか?というと、理由はその細さにあります。

 

コーススレッドはスリムビスより若干太め。
ゆえに、木目に打ち込むと割れてしまうことが多いのです。

 

私も最初はDIY用に全ネジのコーススレッドを買いましたが、打ち込む木がことごとに割れていきました。

 

結局スリムビスを求めてホームセンターに買いに走ったのを覚えています。

 

DIYならスリムビスでも十分頑丈に作れる

スリムビスは細身なので強度が心配になりますが、DIYでしたらほとんど問題ありません。

 

私も結構な重さのオーブンレンジを載せる台をスリムビスで作りましたが、しっかり頑丈に作れました。

 

ネジに迷ったら半ネジのスリムビスで間違いなし

ここまで、DIYをするのにどんなネジが良いのか?を紹介しました。

 

スリムビスは経験者も「最近はずっとスリムビスしか使ってない」というほど、色んな木となじみやすく使いやすいネジです。

 

DIY初心者は迷ったら「半ネジのスリムビス」を選べば間違いないでしょう。

このページの先頭へ戻る