これだけは押さえておきたい!おすすめドライブレコーダーの選び方

 

ドライブレコーダーは、社用車や愛用車に取り付けることで車の映像と音声、走行状況を記録することができます。
近年では、高速道路での交通事故や煽り運転によるトラブルが続出しており、事故の際に確実な証拠能力を残すことが出来る優れものです。

 

また、旅やドライブの思い出を残すために使用することも出来るとあって人気急上昇中です。
そこで今回は、自分の身を守ることが出来るドライブレコーダーの選び方についてご紹介します。

 

 

1.高画質で録画できる200万画素以上のフルHD以上を選ぶ

 

走行状況を録画する車載動画カメラ機能であるドライブレコーダー。

 

そのため、高画質に録画することが出来るドライブレコーダーを選ぶことが購入する上で大切なポイントです。

 

主に「解像度」と「画素数」で画質の良さを表します。解像度は「1920×1080(フルHD)」、画素数は「200万画素」以上を目安に選ぶとよいでしょう。
基本的に200万画素以上のフルHD以上を選ぶと安心できます。

 

画素数が大変低い場合には、夜間の録画映像が見づらくなってしまう可能性が高いでしょう。
4K画質の解像度を誇るドライブレコーダーも近年では時折見る機会が多くなっています。

 

一見高性能の製品のように感じます。

 

しかし実は、容量が大きいことが原因で長時間録画するドライブレコーダーにとっては、使用しにくいとも言えるでしょう。

 

そのため事故の際に証拠の材料である相手のナンバーがしっかり読み取れることか重要です。

 

 

2.広範囲で映し出してくれる画角を選ぶ

ドライブレコーダーを選ぶ上で大切な画角。

 

広範囲にわたって撮影できる視野角であるほど安心できます。

 

事故は正面から撮影すると思う方も多いでしょう。

 

しかし、事故は必ずしも正面衝突の真正面で起こるとは限りません。

 

右左折時や車線変更時、また交差点直進時に発生する事故がが多く発生します。

 

また、斜めから当てられることもあります。
そのため、できるだけ視野角が広いドライブレコーダーを選ぶこと大切です。

 

 

横の撮影範囲である 水平画角に、縦の撮影範囲である垂直画角に、斜めの撮影範囲である対角画角の3つがドライブレコーダーの画角には存在します。

 

中でも重要な役割なのは水平画角です。

 

各メーカーによって平均値は異なりますが、水平100〜110°が主流です。
108°以上の商品を選ぶことをオススメします。120°以上の水平画角を持つ機種なのでより安心して使用できるでしょう。

 

また、360度のドライブレコーダーも販売されています。全ての範囲から録画することができるので安心感が更にあるでしょう。

 

3.暗いところでも撮影可能な商品を選ぶ

夜間やトンネル内といった暗い場所で綺麗に撮影できるかも重要なポイントです。

 

暗所に対応した機種搭載するレンズの性能を選ぶことが大切です。
見分け方のコツは、F値が小さい機能が、暗所に強いドライブレコーダーです。

 

また、明るさを自動調節し、明暗差を鮮やかににするHDR(ハイダイナミックレンジや、WDR(ワイドダイナミックレンジ)といった機能があります。

 

夜間走行時や、逆光時の際でもしっかり相手の車のナンバープレートが鮮明に映すことができます。
また、 白とびや黒つぶれの起こりやすいトンネルの出入り口や、夜間走行、鮮やかな映像が撮影をすることができます。

 

視界不良の夜間でもしっかりと映像証拠を残すことができ、夜景を綺麗に映すことができる機能も選ぶ上では重要でしょう。

 

4,駐車監視機能

駐車監視機能が付属のドライブレコーダーが各メーカーから次々と販売され注目を集めています。

 

交通事故やトラブルは運転中はもちろん駐車している間にも起こる可能性は十分にあります。

 

駐車している間に起こる事故は、動いている相手の車の過失ですが、そのまま逃げられてしまうこともあります。

 

駐車監視機能は、当て逃げ対策をすることが可能です。
駐車監視機能には、3種類のタイプがあります。

 

衝撃を感知して録画を開始するタイプ、常に録画し衝撃を感知すると前後の動画を保存するタイプ、動体を検知し録画するタイプがあります。

 

窃盗などの車上荒らし対策も可能です。
走行中だけでなく、駐車時の事故やトラブルにも備えることができるのでぜひ取り入れたい機能でしょう。

 

まとめ

ドライブレコーダーの選び方を4つご紹介しました。

 

近年では車の技術が進歩し安心して運転できるようになりました。
しかし、気をつけていても交通事故やトラブルに巻き込まれる可能性はいつ起こるか分かりません。

 

万が一に備えるためにもドライブレコーダーを搭載しておくと安心できること間違いありません。

 

録画するために大切なポイントは、高画質機能に広範囲で録画することは必ず取り入れたい機能です。

 

また夜間やトンネルでも鮮明に撮影できる機能や駐車中にも安心できる駐車監視機能もぜひ取り入れましょう。自分の用途や録画範囲、そして希望にあったドライブレコーダーを見つけて、ぜひもしもの交通事故に備えてみてくださいね。

このページの先頭へ戻る