これだけは押さえておきたい!おすすめ電動髭剃りの選び方!

 

電動髭剃りは持っていますか?

 

仕事で身だしなみは大切なので、毎日ひげをそっていると思います。
そこで便利なのが電動髭剃りです。

 

電動髭剃りは大変奥深く種類が豊富で、メーカーも多種多様な商品ラインナップを展開しているので選ぶのが大変です。

 

今回、そんな電動髭剃りの選び方や、実際にコストパフォーマンスに優れた電動髭剃りを紹介します。

 

 

そもそも電動髭剃りは2種類にわけられている!

電動髭剃りは2つのパターンが存在しています。

 

今回それぞれわかりやすいタイプごとに解説していきます。

 

電動髭剃りは、肌質で選ぶ「深剃りタイプ」と「敏感肌タイプ」があります。

 

深剃りタイプとは、往復式の電気シェーバーなどのことで、このタイプの特徴としては刃の枚数が多いのが特徴的です。

 

これにより深ゾリや時短に最適で、なかにはヘッド可動式のものもあり、顔は当然凹凸が存在しているので、しっかりフィとし剃り残しやすい場所でもしっかり剃り上げられるのが特徴となっています。

 

しかしそれが故に肌が敏感な方だと、顔を痛めてしまい肌荒れの原因にもなりやすい特徴もあるのがこの深剃りタイプの特徴といえます。

 

敏感肌タイプとは、回転式の電気シェーバーなどのことで、防水性能を搭載しフォームやジェルを使ったウェットシェービングに対応しているモデルのタイプです。

 

このタイプはとても肌にやさしく乾燥しやすいかたや、敏感肌の方には最適です。

 

ただ、当然刃を不衛生な状態で使ってしまうと肌に負担がかかるようになってしまいますので、ぜひ丸洗い対応モデルや洗浄機が付属しているモデルを選びましょう。

 

 

次に駆動方式は3種類に分けられる

次が駆動方式です。

 

上記の大枠のタイプの説明でも少し出てきた往復式や回転式などのタイプのほかにロータリー式というものもあります。

 

ここでは、メンテナンスのしやすさで選ぶ「往復式」と「回転式」、複合型の「ロータリー式」について紹介します。

 

ラインナップは多いがややメンテナンスがたいへんな「往復式」とは?

往復式とは、外刃で寝たヒゲを起こして内刃でカットするのがこの往復式の電気シェーバーの特徴です。

 

上記の深剃りタイプが正にこのタイプです。
この往復式の特徴は深剃りできるのでシェービング時間が短縮できるのと、お値段も手頃なモデルラインが多いのが魅了。

 

ただ動作音がおおきく、メンテナンスも手間がややかかるのでそこは注意点ではあります。

 

肌にやさしくメンテナンスが容易な「回転式」とは?

回転式とは、円形の外刃の中で内刃が回転していて、ヒゲをカットするのがこの回転式の特徴です。
肌への負担がかなり少ないです。

 

動作音も刃が回転するだけなので静かで音が気になりにくいのも特徴です。

 

またオイル差しが不要でメンテナンスが簡単なのがメリットです。

 

しかし深剃りや早剃りを苦手とするデメリットも当然としてあります。

 

複合型の良いとこ取りな「ロータリー式」とは?

ロータリー式とは、往復式と回転式のよいところを兼ね備えたタイプです。

 

見た目は往復式に似ているのですが、無いばが回転してヒゲをカットする方式になっており、動作音も静かなのもメリットです。

 

しかしヒゲを「引いてカットする」方式なので吹き出物が巻き込まれる危険性もあるので注意が必要なタイプでもあります。

 

電源も3種類タイプが存在している

電源も3種類存在しているので見ていきましょう。

 

こちらはわかりやすく簡単です。

 

電源は、充電交流式と充電式と電源式の3タイプがあります。

 

コンセントに指しながらつかえる「充電交流式」とは?

電交流式とは、わかりやすくいうとコンセントに挿して充電しながら使用できるタイプです。

 

これによりバッテリーが切れていても使えるのでコンセントさえあればすぐ使えるので便利です。

 

ラインナップが大変豊富な「充電式」とは?

充電式とは、予め充電をして利用するタイプのことです。

 

このタイプはラインナップが多く、豊富なモデルから選べます。

 

また防水仕様モデルなども存在しているのでお風呂剃りしたい方にはおすすめです。

 

ただ当然ながらコンセントで充電しながら使えないのでバッテリー状況には注意です。

 

 

コンパクトで出張先や旅行先で便利な「電池式」とは?

電池式とは、これはそのまんまで電池で駆動するタイプです。

 

主に出張先や旅行先で使いたいかたには非常におすすめできることでしょう。

 

そういった客層を意識しているので小型なモデルが多いのが特徴と言えます。

 

 

ほかにも手入れのしやすさや、洗浄液や替刃などのランニングコストも大切な選び方の要素!

他にも、手入れのしやすい、丸洗いに対応したものや全自動洗浄対応モデルなどもあります。

 

またそれだけではなく、洗浄液や替刃のランニングコストなども時間がもしあれば事前に仕様書などで、細かく確認しておくと、購入した後に消耗品でコストがかさむと後悔することも減るかもしれません。

 

 

まとめ

電動髭剃りは、肌質や駆動方式でさまざまなタイプがあります。

 

単に安いからと購入すると、自分に合わなかった・・・
と満足できない事も。

 

まずは、来店する前に一度自分に合いそうなタイプを調べておきましょう。

 

そして、実際にお店では試しぞり出来るところもあるので、使用感なども判るので試すことをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ戻る