初心者向け芝生の種類と選び方!強くてメンテしやすい芝生も紹介

 

根強いブームのガーデニングですが、ガーデニングを始めたいという初心者にとって基本となる植物といえば、やはり芝生。

 

どんな美しい花や立派な木よりも、やはり基礎の部分となる芝生はとても重要です。

 

でも、芝生といっても種類は様々。
初心者だとどんな芝生を選べばいいのか、よく分りませんよね?
そこで初心者向けのおすすめの芝生の選び方、特に簡単で育てやすい種類に絞ってご紹介いたします。

 

そもそも芝生ってどんな種類があるの?

「芝生」と一口に言っても実は様々な種類があります。

 

まず、大きく分けると「日本芝」と「西洋芝」に分かれます。

 

日本芝の代表格は「野芝」、「高麗芝」です。
暑さに強いのが特徴で「暖地形」と呼ばれます。

 

一方の西洋芝は「バミューダグラス類」や「ティフトン類」が有名で、こちらは寒さに強い「寒地型」です。
一般的に日本ではやはり日本芝の方が育てやすく、西洋芝は育成もメンテナンスも難しいとされています。

 

育て方が簡単! 初心者向けの芝生 関東以南編

おすすめの芝ですが、先ほども述べたように「気候」によっておすすめの種類は変わってきます。

 

暖かさによって分かれるため、まずは関東地方を含めそれより南にお住まいの方へのおすすめの芝について説明しましょう。

 

初心者にはやはり日本芝がおすすめですが、その中でも特におすすめなのは「高麗芝」です。

 

その理由はまず乾燥や病気に強いこと。
水やりを忘れてしまった、なんてことがあっても簡単には枯れない強さを持ち、暑くて湿度が高く植物でも病気になりがちな日本の夏も元気に乗りきってくれる強さも持ちあわせています。

 

ただ、もちろん短所もあります。
寒さに弱いため、冬は刈れて茶色くなってしまいます。

 

一昔前の日本のゴルフ場を思い浮かべていただくとよいと思います。

 

冬場のゴルフ場は真っ茶色でしたよね?
その後、メンテナンスの難しい西洋芝の導入が実現し冬も枯れなくなったため、今では冬場のトーナメントも青々とした芝の上で行われていますが、やはりあれはプロの技があってこそ。

 

関東以南の初心者は、冬は刈れてしまうことを受け入れて、高麗芝をまずは使ってみましょう。

 

育て方が簡単! 初心者向けの芝生 関東以北編

南北に長い日本列島ですから、地域によって気候はかなり異なります。

 

そして芝生にとって気候、特に温度は重要な条件になります。

 

当然、住む地域によっておすすめの芝生も違ってくるんです。

 

これは特に気を付けたいことですので、芝生選びを考えている方はお忘れにならぬようご注意ください。

 

冬は厳しい寒さを迎える東北や北海道にお住まいの方におすすめなのは、やはり寒さに強い西洋芝になります。

 

中でもケンタッキーブルーグラスがおすすめです。

 

寒さに強い西洋芝の中でも特に寒さに強い種類ですが、その一方で暑さにも比較的強いため、初心者の方にもおすすめの種類です。

 

丈夫でメンテナンスが簡単な芝生@

ここまで、初心者の方におすすめな芝生を解説してきましたが、よくある質問が「丈夫でメンテナンスが楽な芝生はありますか?」というもの。

 

芝生で何が面倒かというと、一部だけでも枯れてしまうととても目立つため、まず「病気」にかからぬようなメンテが必要となります。

 

さらに、芝生は放っておくと伸び続けるため、定期的な「芝刈り」も欠かせません。

 

しかし、なんとこの2つを同時にクリアしてくれる「丈夫でメンテナンスが簡単」な芝生があるんです。

 

それは「TM9」。

 

「TM9」は高麗芝の改良品種で、成長力の抑制に成功したためあまり伸びず、芝刈りの回数が極度に少なくて済むというスグレモノなんです。
もちろん日本の気候に適しているため病気にも強い品種です。

 

丈夫でメンテナンスが簡単な芝生A

そして、もう一つの丈夫でメンテナンスが楽な芝生、それは「つくばグリーン」。

 

「つくばグリーン」は野芝の改良品種で、こちらは葉の長さが極端に短く、しかも葉が横に伸びるという性質を持っているため、芝刈りが少なくて済むんです。

 

手入れが少なくて済むうえに、やはりこちらも病気に強く、メンテナンスがとにかく楽な種類です。

 

ただ、これら2種類の芝生も、やはりいいことづくめではなくデメリットもあります。

 

伸びる力が強くないため芝生が傷んだ時、回復に時間がかかってしまいます。

 

また、「伸びにくい」というメリットも、品種改良によって生まれた種類だけに個体によって差があるという報告もなされています。

 

 

まとめ

芝生にも様々な種類があることをお分かりいただけましたでしょうか?

 

初心者にもおすすめという観点からご紹介しましたが、芝生もやはり生き物です。

 

「何もしなくても簡単に育てられる」というわけではありません。

 

住んでいる地域の気候、芝生を植える場所の環境、そして何よりあなた自身十分な手入れをしてあげることが可能か、もう一度じっくり考えてから芝生の購入を検討してくださいね。

このページの先頭へ戻る