日本酒デビューでも大丈夫!お手頃・飲み易いおすすめ日本酒3選まとめ

日本が世界に誇るお酒、日本酒。
最近では海外でも高く評価され、高級レストランのメニューにオンリストされることもしばしば。
斬新なラベルや味わいの日本酒も登場し、面白そうな銘柄を目にすることも増えました。

 

そう、今や日本酒はお洒落でスタイリッシュな飲み物。
ワインのように食事とのマリアージュを楽しみ、コーヒーのようにスペックの違いを楽しめるようになっています。

 

日本酒は詳しくないから・・・と尻込みする必要はもうありません。
自分にぴったりのお酒が必ず見つかるはず!

 

初めての人でも大丈夫!玄人筋からの評価も高い風の森

初めて日本酒を飲んでみる人に、まずおススメしたいのが「ALPHA 風の森 TYPE 1」。
シュワっとした爽やかな旨みが口いっぱいに広がります。
アルコール感も強くなく、ジュースのような日本酒。

 

飲みやすいからといって甘く見てはいけません。
「風の森」シリーズは全量アルコール添加一切なしの「純米酒」。
それを火入れせず、水を加えず、濾過もせずに、出来たそのままの味わいをボトリングしているこだわりの日本酒なのです。

 

アルコール添加したキレのある後口も、もちろん良いものですが、米だけから作られた旨みはちょっと他に替えがたいものがあります。
こんなに飲み心地の良い純米酒があるのだから、初めて飲む日本酒では米の旨みをしっかりと楽しんで欲しいと思います。

 

また、「風の森」シリーズでは、原料米や精米歩合ごとの商品が作られています。
好みの日本酒を選ぶのに覚えておきたいお米の違いと、精米歩合(どれだけお米が削られたか。歩合が低いほど、米が削られています)の違いを覚えるのにも最適です。

 

初めての方はお米や精米歩合を覚えながら、飲みなれた方は力強い雄町や、超低精米歩合を楽しみながら好きな「風の森」を選んでいけますね。

 

山廃をおさえるならまずはココから

力強いコクと旨みで好まれる「山廃」仕込みの日本酒。
時間をかけて自然の乳酸菌を育てて造る山廃の味は、日本酒の中でも複雑で、中には強いクセを感じるものもある奥深い世界です。
お肉やボリュームのある食事とも楽しめる、パワフルな味わいは大きなマリアージュの可能性を秘めており、ぐんぐんとファンを増やしています。

 

そんな中でも、山廃の基本中の基本といえるのが「菊姫 山廃純米」。
昭和53年に、他に先駆けて「山廃仕込」と謳った純米酒がこの「菊姫 山廃純米」で、まさに男酒な濃厚な味わいは、頑固な酒屋の親父もにっこり。

 

この菊姫のこだわりは凄まじく、低価格なものにまで兵庫県三木市吉川町・特A地区という最高級の山田錦を使用し、数年熟成させて味が落ち着いたものをブレンドしてボトリングするという作りこみです。

 

通常、日本酒の世界では醸造から3年ほどで古酒と呼ばれるようになり、独特のまろやかな旨みが楽しめるようになります。
山廃仕込の奥行きのある味わいと、熟成による味の奥行きが合わさった、唯一無二の味わいがなぜか1,000円ちょっとで手に入るという素晴らしさ。

 

少し探せばすぐに見つかる銘柄なので、近くの酒屋で探してみてください。
今まで飲んでいた日本酒は何だったんだと、軽く衝撃を受けること間違いありません。

 

古酒で広がる日本酒の世界

独特の面白さがある古酒の世界は、むしろこれから日本酒をたくさん飲んでいこうという若い人こそがフラットな目で楽しめそう。

 

京都の木下酒造が江戸時代の製法で作る「Time Machine ビンテージ」は、まるで芋餅やみたらし団子のような味わい。
レーズンやプルーン、黒糖にコンブ飴、しいたけなど様々な香りが次から次へとわいてきます。

 

コクとトロみがある味わいはほろ甘く、そのまま飲んでも、ブランデーやウイスキーのようにチョコやナッツ、チーズなどとちびちび飲んでも美味しく、キマります。
豆腐の味噌漬けなんかの自家製のアテを仕込んでも楽しいでしょう。

 

十分に詰まった味わいを逆手にとって、バニラアイスにたらして楽しんでも素敵。

 

また、木下酒造は日本初の外国人杜氏フィリップ・ハーバーさんが活躍している酒蔵でもあります。
「Time Machine」だけでなく、ロック推奨の「Ice Breaker」など次々と面白い銘柄を生み出しています。
古酒なのに難しい雰囲気が無く、純粋に熟成による面白さを楽しみながら飲めるのは、外国人が興味深々にのめり込んだ日本酒の世界が表現されているからかもしれません。

 

奥深い大人の、古酒の世界を軽やかに切り取った、見事で楽しいお酒です。

 

まとめ

今回ご紹介した3本は、日本酒を飲むのが始めてという方にも、ある程度飲み慣れているという方にも自信を持っておススメできるものたちです。
実際に、筆者が人にすすめて一番リピートが多かったのがこのあたりのお酒でした。

 

お酒好きの方は新しい楽しみを見つけ、初めての方は驚いてくれる、そんな日本酒たちです。

 

是非、手にとって飲んでみて、日本酒を楽しんでみてください。
毎日の食事が少しだけ豊かになりますよ。

このページの先頭へ戻る